【目指せ!サラサラ美肌】乳首の黒ずみを治したい!

乳首の黒ずみ治したい

今回は乳首の黒ずみについて話していきたいと思います

 

乳首って限られた範囲の人にしか見られない部位ですよね。

でも、世の中的にピンクに価値を見い出してますよね。

少なくとも日本ではそうでしょう。

 

だから乳首が黒いと恥ずかしいんです。

人間にも人種があり、肌の色も様々。

白人さん、黒人さん、私たち黄色人種。

つまり、私たちも生まれ持ったメラニン色素の個体差によって、黒ずんでいたり、すごくピンクだったりするという事です。

 

では、乳首の黒ずみには抗う術はないのでしょうか。

いいえ、半分は遺伝子、半分はケアです。

 

 

乳首の黒ずみ、その原因と対策とは?

乳首の黒ずみ原因と対策

肌の黒ずみに関する基本的な考え方は「【サラサラ美肌】お肌の黒ずみ治したい!」を参考にしてみてください。

 

先にお話しした遺伝子の部分は除外しましょう。

スタートラインの個人差は避けられません。

 

また、妊娠や授乳に伴うホルモン起因の黒ずみも除外しましょう。

これはその時期を終えると、徐々に元の色に戻るとされているからです。

 

抗うべき点は、加齢に伴うターンオーバーの乱れや肌へのダメージによる黒ずみです。

 

部位は違えど、基本的にお肌の黒ずみの原因はやはりメラニン色素です。

メラニンは肌が刺激を受けた際に防衛本能で生成されるものです。

では、乳首が受ける刺激とはなんでしょうか。

 

日差し?

いいえ、裸では出歩きませんよね。。。

 

下着選びの注意点

乳首の黒ずみ下着の選び方

ブラのサイズにご注意ください。

下着の擦れは乳首への負担がとっても大きいんです。

乳首がどうにも衣服と擦れてしまい、痛い思いをした事ってありますよね。

その時って乳首がすごく腫れて硬くなってませんでしたか。

 

程度にもよりますが、ブラのフィット感は重要です。

 

入浴時の注意点

乳首の黒ずみ入浴時の注意点

次に、入浴時に体を洗うタオルです。

ナイロンタオルなんかだと柔らかいものであっても摩擦が強いです。

手と泡だけで洗うのが理想でしょう。

 

また、美肌の大敵「乾燥」にご注意ください!

乾燥すると肌の保護力が低下し、刺激を受けやすくなります。

黒ずみ対策の基本は保湿です。

 

たっぷりと保湿して弾力をつけ、刺激に負けない肌をキープしましょう。

 

 

乳首の黒ずみを治す方法まとめ

乳首の黒ずみ解消法まとめ

繰り返しになりますが、自分にあったブラを着用することです。

本当に重要です。

 

擦れと蒸れを避ける思考を持って下着を選びましょう。

擦れはメラニンの生成を加速させます。

また、蒸れは炎症に繋がりやすいです。

炎症を起こすとブツブツが出来て、肌に負担がかかります。

回復期にかけて乾燥がやってきます。

 

こうなると肌の修復サイクルも大忙しです。

つまり、ターンオーバーが乱れくるわけですね。

 

そして、洗うときは手を使いましょう。

摩擦は黒ずみの原因となります。

また、入浴後の保湿も忘れないようにしましょう。

乳首の美白クリーム

メラニンを抑え、且つ保湿力の高い専用のケアクリームを使いながら肌の状態を整えてあげましょう。

 

根本的に改善には肌の再構築。

ターンオーバーが欠かせません。

そうなると正常なサイクルでも約一ヶ月。

継続的なケアが美肌に繋がります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です