【目指せ!サラサラ美肌】お尻の黒ずみを治したい!

綺麗なお尻

今回はお尻の黒ずみについて話していきたいと思います

 

お尻の黒ずみって嫌ですよね。

水着、温泉、勝負の時。

結構「女性らしさ」を表現する部位ですから、やっぱり美尻って重要ですよね。

 

お尻は普段隠れている部位だけに、ここぞという時に効果を発揮します。

でも、その時が来ても「汚いお尻」では、逆効果でしかありません。

 

お尻は角質も厚い為、根気が必要ですが、ケアはあなたを裏切りません。

それでは、お尻がが黒ずむ原因、そしてどうケアしていけばよいのかを整理していきましょう。

 

お尻の黒ずみ、その原因とは?

お尻の黒ずみ原因

お尻は摩擦、圧迫、蒸れと非常に過酷な環境に晒される部位です。

年中隠れている部位ですから、蒸れやすいのは仕方ありません。

デスクワークの方であれば、椅子に座っている時間が非常に長いですよね。

そうなると、蒸れ、圧迫、摩擦によるダメージを受けるわけです。

 

ですから、デスクワークの方は結構お尻にブツブツが出来て悩んでいたりします。

それもそのはず。

日々の生活の中で、避けて通れないダメージですから、困ったものです。

 

お尻は冷えやすい

お尻ってヒンヤリしてるなって思った事ないですか。

お尻は筋肉も脂肪も沢山付いていますよね。

特に脂肪って冷えやすいんです。

 

また、座っている時、お尻はずっと体重を支えている事になります。

つまり、血行が悪くなりやすい部位なんです。

そうなると下半身太りにも繋がりますので、下半身は温めてあげる必要があります。

 

冷えると血行が悪くなり、代謝が落ちますね。

すると、お肌のターンオーバーが崩れてきます。

お尻ニキビが出来ると、その後乾燥してまた炎症を起こします。

これを繰り返していると、カサカサしたり黒ずんだりしてきます。

 

 

お尻の黒ずみ、その対策とは?

美尻

ここまででお尻は、摩擦、圧迫、蒸れによるダメージは避けられないものである事がわかりましたね。

ではどのように対策をしていくべきなのでしょうか。

 

お尻を摩擦、圧迫、蒸れから守りましょう。

摩擦は下着など衣服のセレクトで改善出来るケースもあります。

締め付けの強い下着や、Tバックなどはお尻がパンツと直接擦れてしまいますので、避けた方が無難でしょう。

 

夏場は下着選びも重要です。

化繊のものより、肌に優しいコットンタイプを選びましょう。

また、タイトすぎるパンツも意外に肌へのストレスが高いので避けたほうが無難でしょう。

 

また、ナプキンも紙ナプキンより布ナプキンの方が好ましいです。

紙ナプキンはどうしても肌を冷やしてしまう性質があります。

冷えとりはアンチエイジングに欠かせません。

 

ストレッチで冷え対策しよう

ストレッチを習慣化するのも良いでしょう。

外側から温めるより、内側から温めていく方が効果的です。

座る時間が長い方は、適度に席を立って体制を変える事を心がけましょう。

また、通気性に高いメッシュのクッションを使うと良いでしょう。通販などで沢山売られていますので、すぐに手に入ります。

 

また、お肌は乾燥が大敵ですので、保湿もお忘れなく。

 

 

お尻の黒ずみを治す方法まとめ

お尻常に厳しい環境に晒されている部位です。

そして、筋肉と脂肪が多く冷えやすいです。

 

以下を心がけましょう

下半身のストレッチを習慣づけて冷え対策をする

肌に触れるものは化繊などケミカル素材を避ける

タイトすぎる衣服は避けて肌ストレスを軽減する

しっかり保湿して乾燥させない事

お尻の美白クリーム

しつこい黒ずみが出た場合は、メラニンを抑え、且つ保湿力の高い専用のケアクリームを使いながら肌の状態を整えてあげましょう。

 

根本的に改善には肌の再構築。

ターンオーバーが欠かせません。

そうなると正常なサイクルでも約一ヶ月。

継続的なケアが美肌に繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です